3人に1人しか知らないモーニングアフターピル

モーニングアフターピル使用方法

モーニングアフターピルは緊急避妊薬です。これはなんらかの事情で避妊に失敗してしまった際に、望まない妊娠のリスクを下げるために用いられます。しかし、この薬は性行為後72時間以内に服用しなければ効果が発揮されず、早く飲めば飲むほど効果があるとされています。子宮への受精卵の着床を阻止することで、100%ではありませんが80%程度の確率で妊娠を回避することができます。定期的に内服する低用量ピルではなく、中容量ピルを使用しています。中容量にすることで、ホルモンバランスを急激に変化させるというものです。日本で用いられているモーニングアフターピルは2種類あり、ヤッぺ法(プラノバール)とノルレボ錠があります。現在はノルレボ錠を使用することが多いです。ヤッぺ法は、中容量ピルを72時間以内に2錠内服し、その後12時間経過したら再度2錠内服するというものです。ノルレボ錠は、72時間以内に2錠内服します。どちらの方法にしても、モーニングアフターピルを服用後3日~21日くらいで、生理のような出血があれば避妊は成功したといえます。この出血を消退出血といいます。ただし出血がみられても、妊娠の際にみられる着床出血という可能性もあります。着床出血は、血が混じった茶色いおりものが一般的なので、判断材料にしてみてください。万が一21日経過しても、出血がみられなかった場合には、妊娠の可能性があるので妊娠検査薬で調べてみるか婦人科受診してみたほうがよいでしょう。ちなみに、モーニングアフターピルは保険適応外になるため、クリニックによって値段も様々で、3000~15000円程度と幅があります。望まない妊娠を避けるためにも、このような薬があるということを知っておくことが大切です。

モーニングアフターピルと消退出血

モーニングアフターピルは、性交渉を行った際に避妊に失敗した場合に、72時間以内に服用することで妊娠を阻止できる緊急避妊薬です。モーニングアフターピルには、大量の女性ホルモンが含まれているので、それが体内に入ることで妊娠に近い状態を作り、子宮内にできた子宮内膜をはがす作用が起こります。生理として子宮内膜が剥がれることと同じですが人工的にはがすことと区別するために消退出血と呼んでいます。消退出血はモーニングアフターピルを服用後早くて3日かあるいは3週間以内に起こりますが、もし3週間経過しても出血が見られなかった場合にはすでに妊娠している可能性が高いので、市販の検査薬で調べるか早めに産婦人科に受診することをおすすめします。ただ、モーニングアフターピルを服用した時期と排卵日が重なると、それが消退出血なのか排卵したことによる出血なのか、あるいはホルモンバランスが乱れたことによる不正出血なのか判断が難しいこともあります。また、受精卵が着床したことで出血が見られる場合もあるので、さらに判別が難しくなりますが、モーニングアフターピル服用後の3日以内であれば消退出血の可能性が高いです。排卵出血なのか着床出血なのか消退出血なのか区別ができない場合には、産婦人科で相談するのが望ましいでしょう。それ以外に、モーニングアフターピルを服用すると体内に大量に女性ホルモンは増えることで普段の生理周期も乱れます。生理予定日より早く来たり、月に2回も生理が来たりすることもありますが、だいたい3ヶ月くらいすると周期も安定してきます。けれど、その期間は排卵日もあやふやになり妊娠する可能性も高いので、なるべく性交渉は控えるかしっかりと避妊した上で行うようにするのが良いでしょう。

モーニングアフターピル服用でも妊娠する?

モーニングアフターピルは、避妊に失敗してしまった場合や予め避妊せずに性行為を行った場合に、72時間以内に服用することで妊娠を回避する緊急避妊薬です。モーニングアフターピルは、大量の女性ホルモンが含まれているので、それを服用することで体を妊娠した時に近い状態にして妊娠しないようにします。婦人科などで検査を受けて、服用しても問題がないとされれば処方されますが、避妊目的の場合の処方は基本的に保険適用外といなります。性行為で避妊に失敗したと気づいたとき、初めに2錠飲み、その後また12時間以内に服用しますが、性行為後に薬を飲むまでの時間が短ければ短いほど妊娠回避率も上がります。ただ、モーニングアフターピルを服用していても場合によっては妊娠するときもあります。モーニングアフターピルを服用していても妊娠してしまう理由として考えられることは、服用時間が性行為後72時間以内を過ぎてしまった場合です。薬の種類によっても異なりますが、ほとんどの薬は72時間以上経ってしまってからの服用だと、確実に妊娠する確率も上がります。それ以外には、モーニングアフターピルの服用の副作用として、吐き気や嘔吐などの副作用の症状が見られることがありますが、その時に薬も一緒に吐いてしまうと避妊効果が薄まってしまうので妊娠してしまうことがあります。服用したあとに、数日から3週間の間に出血が見られれば避妊できたことになりますが、もし3週間以上経っても出血が見られない場合には妊娠しているかもしれないので早めに産婦人科で診てもらうようにしましょう。モーニングアフターピルは、飽くまで緊急のための薬であり、女性の体に負担をかけるので、子供が欲しくない場合に性行為に及ぶときは必ずコンドームの装着や、低用量ピルなどを服用して避妊するように心がけましょう。
■いつ起こるかわからない緊急事態に備えて
モーニングアフターピル 通販
■避妊や生理痛にお悩みの方
ヤーズ
■いざとゆう時の為に
ノルレボはストックしておきたい避妊薬