3人に1人しか知らないモーニングアフターピル

モーニングアフターピル、禁煙、生理について

モーニングアフターピルは別名緊急避妊薬と言います。性交は、妊娠目的だけではなく、コミュニケーションとしても行われます。妊娠を望まない場合は、避妊具を着用しなければなりません。様々な理由で、避妊をきちんと出来ない場合があります。その他では、強姦等で本人の望まぬ結果になることもあります。何らかの事情で避妊に失敗し、望まない妊娠を防ぐ為の手段として、このモーニングアフターピルという薬があります。この薬の原則では、避妊が出来なかった性行為後72時間以内に緊急避妊薬を飲まなければなりません。妊娠を回避出来たかは、生理で分かります。モーニングアフターピルを服用すると、早い方では、数日間に出血があり、普通の方でも、服用後3週間以内と言われています。3週間以上経って出血が無かったり、生理の予定日を過ぎても生理が来なかった場合は、妊娠しているかを確認する必要があります。この薬を使う方で喫煙者の方も居ますが、ピルは元々タバコと相性が良くないです。アフターピルの副作用は、吐き気、嘔吐、頭痛等があります。ピルには僅かながら、血栓症のリスクを高める副作用があります。ですが、この副作用はかなり低リスクなので、健常者のアフターピルの服用には問題はありません。ですが、喫煙には血栓症を起こす、リスクを高めてしまう作用があるため、アフターピルとの相性が悪いと言われています。このような事から禁煙者と喫煙者では血栓症にかかってしまうリスクが元から差があるためアフターピルを使用する際には気を付けなければなりません。アフターピルを利用中の喫煙は直接的な悪影響等は無いと言われていますが、出来るだけ服用中は禁煙にした方が良いでしょう。モーニングアフターピルを使う時は、喫煙者の方は禁煙するべきか判断しにくいですが、禁煙するにこしたことはありません。