3人に1人しか知らないモーニングアフターピル

モーニングアフターピルと無料カウンセリングと体温上昇

モーニングアフターピルの服用は慎重に行わなければならないので、医療機関を受診して無料カウンセリングなどを受けてから処方してもらうことが必要になります。モーニングアフターピルは安易に服用してしまうことで副作用のリスクを高めてしまうので、定期的に検査を受けて血栓の有無を確認しながら服用することになりますが、モーニングアフターピルは緊急避妊用のピルなので通常の場合は低用量ピルが処方されることになります。婦人科では無料カウンセリングなどを行っているので避妊や生理に関する相談をして必要な場合に低用量ピルを服用することができます。女性の体を妊娠している状態に近づけることで体温を上昇させて避妊効果を高める働きをするのですが、自己判断で購入をしてしまうと血栓症のリスクなどを知らないまま服用し続けることになるので、副作用やリスクに関しては無料カウンセリングなどで医師から分かりやすい説明を受けておくことが大切です。ピルを服用すると貧血などが改善するので体温が上昇しやすくなるのですが、一時的に妊娠状態になるのである程度体温が上昇するのは薬の効果が出ている証拠です。モーニングアフターピルに関しては低用量ピルに比べると4倍程度の効果があるので服用を続けてしまうと中毒を起こすことがあるので、医師の指導にしたがって服用をしなければなりません。また喫煙をしている女性に関してはピルの処方が受けられない場合がありますが、禁煙をすることで血栓症のリスクが下がるので、低用量ピルの処方が認められます。モーニングアフターピルに関してはタバコを吸っていると血栓症のリスクが健康な女性と比較して5倍にもなるので、タバコを吸っている女性はリスクの大きさを把握しておくことが重要です。