3人に1人しか知らないモーニングアフターピル

モーニングアフターピルをケースで購入することについて

モーニングアフターピルは緊急避妊薬なので一般的には長期間服用を続けることはできませんが、ネット通販などでジェネリック医薬品を個人輸入する場合にはケースでの購入となるので、必要以上の薬を手に入れることになります。モーニングアフターピルはコンドームがセックス中に破れてしまった場合などに服用する薬で、射精後72時間以内に服用することで効果を発揮しますが、射精後の時間が短いほうが効果が高く、24時間以内にモーニングアフターピルを服用することで95%以上の確率で妊娠を防ぐことができます。しかし容量が通常のピルよりも多いので副作用が出やすいことが指摘されていて、女性ホルモンを急激に増やしてしまうので、ケースで購入をして服用し続けることは血栓症などのリスクを高めてしまうとされています。継続的に妊娠しないようにするためには低用量ピルや超低用量ピルを服用することが大切で、日本の場合では婦人科を受診して定期的な検査を行いながら処方されることが一般的で、血栓症のリスクを抑制するために喫煙をしている35歳以上の女性には処方されないこともあります。モーニングアフターピルをケースで購入した場合には、緊急避妊薬として服用することが大切なので、通常のセックスをするときには低用量ピルやコンドームで避妊を行って、服用を忘れた場合や緊急的な場合にモーニングアフターピルを服用することが望ましいとされています。副作用としては女性ホルモンの摂取による吐き気や不正出血などがありますが、これらの副作用は低用量ピルを規則正しく服用している場合にはほとんど見られないものなので、副作用のリスクを考慮するとモーニングアフターピルは緊急時だけに服用する必要があります。